特定保健指導について
ホーム  >  特定保健指導について
グリーンリィーフの特定保健指導

特定保健指導には、リスクの程度に応じて「動機付支援」「積極的支援」があります。

●動機付け支援
対象 : メタボリックシンドロームのリスクが出始めた人
支援内容 :
原則として1回、個別、またはグループで面接(保健指導)を行います。
生活習慣をどのよに改善するか、健康づくりのメニューを決め、目標を立てて実行。
6カ月後に実績評価(成果の評価)をします。



●積極的支援
対象 : メタボリックシンドロームの疑いがある人
支援内容 :
① 個別、またはグループで初回面接(保健指導)
② 3カ月以上の継続的な支援を実施
  生活習慣改善のための行動目標と行動計画が実行できるように、

  面接・電話・メール・FAXなどを使って、
  「計画の進捗確認」「計画の見直し」「励まし」などの支援を継続して行います。
③ 6カ月後に実績評価(成果の評価)
  面接・電話・メール・FAXなどで健康状態の確認を行います。
  このとき、体重や腹囲の変化、生活習慣の改善状況などをチェックします。


行動療法・運動療法・食事療法を元に対象者のライフスタイルに合わせた

支援プログラムをご提供いたしています。

 

 

専属管理栄養士と一緒に効果的な支援プログラムでメタボリックシンドロームを撃退しましょう。