特定保健指導について
ホーム  >  特定保健指導について
特定保健指導とは

特定健康診査(特定健診)の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による予防効果が多く期待できる40歳から75歳の人に対してサポートを行うのが特定保健指導です。

特定保健指導では、メタボリックシンドロームの予防に着目。医師、保健師、管理栄養士などの専門家が、あなたの生活に合わせた健康づくりの方法を一緒に考え、サポートしていきます。

特定保健指導を活用して生活習慣の改善を行えば、生活習慣病の発症リスクを下げることができます。

健診を受けたままで終わりにせず、案内が届いたら、健康づくりのためにも特定保健指導を受けましょう。


 

<健康用語>
生活習慣病
病気の発症が食事の偏り、運動不足、飲み過ぎなどの生活習慣に深く関与している疾患の総称です。糖尿病、脂質異常症、循環器病、がんなどを指します。


メタボリックシンドローム
お腹の内臓まわりに脂肪がたまる内蔵脂肪型肥満に加えて、高血糖、脂質異常、高血圧のうち、2つ以上あわせ持った状態のこと。